このサイトはあなたにとって祝福でしたか?



結果

メッセージのアウトライン

どのようなメッセージを今日の子どもたちは必要としているか?

1.    彼らは神に聞く必要がある
 神は救いの源です。子どもたちは神とはそして神は何をなさるのかを知る必要があります。
子どもたちは最初、神についてのはっきりとした考えがなければ罪に対する責任を理解することが出来ません。
 私たちが教える理由は
  • 神はあなたをおつくりになった(使徒17:23-29)あなたは神に対し責任がある
  • 神はあなたにみことばを通して語られる(Ⅰコリント3:4)あなたは神に聞く責任があります。
  • 神は聖であり、義です。(使徒17:31)神は裁かれる。
  • 神はよい方であり、あなたを愛される(ヨハネ3:16)神はあなたを救うことができる

続きを読む: どのようなメッセージを今日の子どもたちは必要としているか?

   

なぜ子どもたちへの働きが必要ですか

使徒パウロはローマ人への手紙1:16で福音は信じるもの全てにとって神の力であると述べています。私たちに対する主イエスの最後の命令は全て作られたものに福音を伝えることです。(マルコ16:15)

1.    なぜ子どもたちへの宣教が必要なのかという一義的でそして最も大切な理由は主イエスの命令にあるというところにあります。クリスチャンは主イエスの命令を無視したりごまかしたりすることは出来ません。主イエスは子どもたちが身元に来ることを望んでおられます。( マルコ10:14.マタイ18:14)聖書的な福音宣教は子どもを含めた全てのものに福音を伝える必要があるということです。
2.    子どもたちは霊的な必要がある。主イエスなくして彼らは霊的に死んでいます。彼らには罪の問題があり、主イエスに信頼していかなければなりません。
3.    子どもたちはその単純な信仰によって福音に応答することができる。Pat バーバル師(児童伝道の国際ネットワークのコンサルタントで著者)は今日クリスチャンの75-85%は年齢が15歳以前であると述べている。

続きを読む: なぜ子どもたちへの働きが必要ですか

   

なぜ私たちはミッションに関わるのですか?

マタイ28:18-20
マルコ16:15
ヨハネ20:21
ローマ10:13-15
使徒13:2-4

 

歴史的事実ですが福音のないところでは、福音を自由に伝えてよい所より多くの貧困と、犯罪、病気、悲惨な家庭、私生児、悲しみ、不法と戦争があります。

 6000年の歴史の中で14,530の戦いが記録されています。これは1年間に2.6回の戦争がおきているということです。ローマ皇帝シーザーのころは一人の敵兵を殺すのに75ドルかかりましたが、ナポレオンのころは3、000ドル、第1次世界大戦では2万1千ドル、第2次世界大戦では20万ドル、現在では100万ドルかかるといわれています。

続きを読む: なぜ私たちはミッションに関わるのですか?

   

わたしはすぐに来る! 主イエス

黙示録 3:11-12

1.    わたしはすぐに来る

1.1    主イエスがエペソに、ペルガモに、サルデスに来るのは裁きのためですが、フィラデルフィアのためには苦悩の時に終わりをもたらすために来られます。
1.2    わたしはすぐに来るとは弾圧者に対する警告であり、迫害されている者のための励ましです。
1.3    クリスチャンはイエスの再臨にいつでも準備すべきです。(黙示録3:3)主イエスがある日突然来られることは忠実に奉仕をするための啓発である。

2.    神殿

黙示録3:10に述べられている困難な時助けられるとは彼の教会のために主イエスが戻られることを示唆している。神殿は千年王国か新しいエルサレムと関連があり、純真な信仰者は神の御前で仕え、賞賛されるめぐみに預かる。

続きを読む: わたしはすぐに来る! 主イエス

   

アブラハムの生涯に関わる神

創世記12:8

祭壇の建設

アブラハムの生涯を見る時、彼の生涯はいかに近しい交わりが神とあったかを知ることができる。
アブラハムは祭壇を作り、主の名を呼んだ。実際、彼が唯一のものは祭壇である。
私たちは彼が数々の宮殿を建てたと(聖書から)読むことが出来ない。彼の人生の終焉で、彼は妻サラの墓地を建てた。彼の行くところ祭壇を築き、神に対する彼の生涯のあらゆる出来事が神とつながる。
アブラハムによって築き上げられた祭壇について彼の遍歴をたどってみよう。

アブラハムは神を礼拝した。それは彼の最も大切な働きだった。
例えば彼が礼拝したのは

  • 彼がエジプトから戻ってきたとき(創世記13:2-4)
  • 彼が約束の地の広さを見たとき(創世記13:14-18)
  • 主が彼に現われ彼の名前をアブラムからアブラハムに変えたとき(創世記17:3-5)
  • ベエルシバでアビメレクと契約をしたとき(創世記21:33)

祭壇を建てることは簡単なことではない。石やモルタルが必要である。しかしながら最も困難なときはモリヤの山で祭壇を築いたときです。この時はおそらく彼の背骨を壊すのではなく彼の心を砕いたものでした。彼はこの祭壇が彼の息子のものであることを知っていました。神の視線の中でアブラハムは息子をささげました。子羊は偶然に現われたのではありません。
神は子羊を用意なさったのです。

続きを読む: アブラハムの生涯に関わる神

   

1 / 13 ページ

<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>
James N. スポルジョンは書いています。

仕事はあなたの選択だ、宣教はキリストの召しだ。仕事から何かを得ようと期待する。宣教はあなたがすでに頂いたものをお返しするもの。仕事はあなたの技量によっているが宣教は神に対するあなたの技量にかかっている。仕事はあなたに賞賛をもたらすが、宣教はキリストに栄光をお返しするものだ。    

この働きは私たちの主であり救い主であるイエスキリストに栄光をもたらす。