このサイトはあなたにとって祝福でしたか?



結果

神をたたえることの喜び 

ルカ12:32
 

ルカはマタイ、ペテロ或いはヤコブのようにイエスと共に歩んだり、語ったりする喜びを持っていませんでした。
彼は医者でしたが、福音を聞ききました。そして神の子について口伝の資料の基に聞いていたものにより神に従う決断をしました。

 なぜイエスは小さな群れよ恐れてはならないと仰ったのでしょうか?

 数千人の人々が聞き、食し満たされ、癒されました。ほんのわずかな神の国に入るのです。彼は彼らを小さな群れと表現しました。

 神は私たちや私たちの子どもの中に喜びを見つけるのでしょうか?


 神の国に属するものは彼に信頼しています。
 私たちの信仰により神はほめたたえられます。へブル書11:6‘信仰なくして神を喜ばせることは出来ません’ ローマ8:8‘肉にあるものは神を喜ばすことが出来ません’神を喜ばせることを望むものはキリストにそして彼の聖さ望みをおきます。神を喜ばせることを望むものは彼に信頼したいと願うのです。

 

神の国に連なっているものは彼を賛美します。
 ダビデは詩篇69:30-31で‘ 私は神の御名を、歌をもってほめたたえ、神を感謝をもってあがめます。
それは雄牛、角と割れたひずめのある若い雄牛にまさって主に喜ばれるでしょう。‘と述べています。言い換えれば神を喜ぶものは神をほめたたえるものです。 彼らは父の家に歌をもって入ります。彼らは神を褒め称える歌うことを望みます。私たちの願いは歌をもって神をたたえることであり、いのちそのものよりも大 きな神を形式的に義務的に以上に??(our willingness to praising Him with song and make God lager than life itself is far more pleasing to Him than a formal ritual and routine)??
 イエスは十字架につく前、神に賛美をささげた。みことばはマタイ26:30で述べています。‘ そして、賛美の歌を歌ってから、みなオリーブ山へ出かけて行った。’聖書は25回以上、神の民が主へ賛美の歌を歌っていることを述べています。主を喜ばせ ることを望むものを神は喜びを見いだすのです。

 神の国に連なるものは彼を述べ伝えます
 もし私たちが神を喜ばせようと思うなら、私たちはキリストを述べます。単に聞きたいことを語るだけなら福音を語っていることになりません。(Ⅰコリント 1:21、ガラテヤ1:10)
 
 私たちの願いはキリストご自身のように‘わたしがいつも、そのみこころにかなうことを行なうからです。’ヨハネ8:29、ローマ15:3、と言うべきで す。 私たちがキリストについて大切と思われる賜物として知るべきことは彼が私たちに神の国を与えたいということです。
 神の国はことばにはなく力にあります(Ⅰコリント4:20)
1.    彼の備えの力:神は私たちに日々の糧を与える。(マタイ6:11)、いける水(ヨハネ4:14)慰めと休み(マタイ11:28)
2.    守りの力:神は守りの天使を与える(詩篇91:11-13)
3.    彼の約束の力:神はかれのことばを私たちに与える(詩篇107:20)
James N. スポルジョンは書いています。

仕事はあなたの選択だ、宣教はキリストの召しだ。仕事から何かを得ようと期待する。宣教はあなたがすでに頂いたものをお返しするもの。仕事はあなたの技量によっているが宣教は神に対するあなたの技量にかかっている。仕事はあなたに賞賛をもたらすが、宣教はキリストに栄光をお返しするものだ。    

この働きは私たちの主であり救い主であるイエスキリストに栄光をもたらす。